UCC ひと粒と、世界に、愛を

ウィーン
Café Schwarzenbergの
「アプフェルシュトゥルーデル」

Dec 11.2021

トルコからハンガリー、そしてウィーンに広まった伝統のスイーツ「アプフェルシュトゥルーデル」。ごく薄く伸ばしたシュトゥルーデル生地でフィリングを巻いたアップルパイを『Café Schwarzenberg(カフェ・シュヴァルツェンベルク)』のウォルフガング・レシャンツさんに教えていただきました。

材料(1本)

・りんご(酸味の強いもの) ………1.1kg
・パン粉(溶かしバターを混ぜておく)……… 200g
・レーズン………200g
・シナモンシュガー………200g
・溶かしバター………適量

A
・小麦粉………250g
・卵………1個
・ぬるま湯………250ml
・ひまわり油………70g
・塩………10g
・打ち粉、ひまわり油………各適量

作り方
  • 1
    <生地を作る> 製菓用ミキサーにぬるま湯以外のAを全て入れ、低速で滑らかになるまで混ぜる。
    POINT!
    ぬるま湯は、硬さを見ながら少しずつ加える。
  • 2
    <生地を寝かせる> ひまわり油を薄く塗った台に生地を丸くまとめてのせ、ラップをかけて30分ほど寝かす。夏は冷蔵庫で。
    POINT!
    生地はこの状態で冷凍保存も可能。
  • 3
    <生地を伸ばす> コットン布(シーツなど)を広げ、打ち粉をして生地をのせ、伸ばす。
  • 4
    <さらに伸ばす> ある程度伸ばしたら、両手を生地の下に差し入れ、手の甲を使って生地をさらに薄く伸ばす。
    POINT!
    生地は、下に置いた新聞の文字が読めるくらい薄く伸ばす。
  • 5
    <フィリングをのせる> 伸ばした生地全体に溶かしバター、パン粉をまぶし、手前一列に薄くいちょう切りしたりんご、レーズン、シナモンシュガーの順にのせていく。
  • 6
    <巻く> コットン布を巻きすのように使って手前から巻いていく。
  • 7
    <成形する> 端の生地をひねり切って、オーブンのサイズに合わせてU字形に整える。
  • 8
    <オーブンで焼く> オーブンペーパーを敷いた天板にノエ、180〜190度のオーブンで20分ほど焼く。
教えてくれた人

レシャンツ社のショコラティエ 
ウォルフガング・レシャンツさん

Café Schwarzenberg
カフェ・シュヴァルツェンベルク
住 Kärntner Ring 17,1010 Wien
電 +43-(0)1 512 8998
営 7:30 ~ 24:00(月~金)、8:30 ~ 24:00(土、日)
休 無休
https://www.cafe-schwarzenberg.at
※レシャンツ社で作られたアプフェルシュトゥルーデルを、『カフェ・シュヴァルツェンベルク』で食べられます。

PAGETOP