UCC ひと粒と、世界に、愛を

[Health&Beauty]
ご存知ですか?ポリフェノールリズム
「ココロとカラダに1日3杯コーヒー習慣」。

Dec 09.2021

健康や美容などで注目されている「ポリフェノール」。生活のリズムに合わせてコーヒーを飲むと、「ポリフェノール」の効果がさらに発揮されると近年の研究でわかってきました。 カラダにうれしいコーヒー習慣を 今日から始めてみませんか?

監修:UCC上島珈琲株式会社 イノベーションセンター 岩井和也

 

Q1
コーヒーで「ポリフェノール」を摂るとどんないいことがあるのですか?

A
赤ワインと同程度のポリフェノールが摂取できます。

ポリフェノールには抗酸化作用があり、カラダの酸化を防ぎます。 ポリフェノールといえば赤ワインを連想される方も少なくないのでは? 実はコーヒーと赤ワインのポリフェノール含有量はほぼ 同じ。同じ量を飲むならコーヒーの方が生活の中により取り入れやすいと言えるのではないでしょうか。

《代表的なポリフェノールの効果》

・抗酸化作用…活性酸素の発生と働きを抑制
・食後血糖値上昇抑制…食後の血糖値の上昇を抑える
・アレルギー緩和…アレルギー性鼻炎に効果を発揮
・糖尿病予防…インスリンを分泌するシグナルを高める
・動脈硬化予防…心筋梗塞などの要因にもなる動脈硬化対策に

 

Q2
一日の中で、どんなリズムでコーヒーを飲むのがいいですか?

A
朝のお目覚めタイム、昼の休憩、 夜のくつろぎタイムがオススメ。

ポリフェノールは摂取後約 2 時間で抗酸化作用が高まり、4 時間ほどで消えてしまうため、こまめに摂るのが効果的です。朝・ 昼・夜など生活のリズムに合わせて 1 日 3 杯程度がいいでしょう。

監修:東洋大学食環境科学部健康栄養学科
近藤 和雄 こんどうかずお 教授

 

Q3
たくさん飲めば、もっと効果を実感できますか?

A
コーヒーを飲む量よりも “飲む頻度”が大切です。

よりたくさんの量のポリフェノールを摂取するためには、一度に多量のコーヒーを飲むよりも、こまめに分けて飲む方が効果的だと言われています。さらに効果を上げたいなら、食事と一緒にコーヒーを飲むことで、血糖値の上昇を抑えられることが研究で明らかになっています。

=====

 

●「UCC イノベーションセンター」でもカラダにうれしいコーヒーの 取り入れ方を研究しています!

コーヒーが持つさまざまな可能性を追究する「UCCイノベーシ ョンセンター」。成分・効能などの研究、新しい製法や加工技術 の開発、新製品の味覚設計や品質分析などを行い、お客様に「安定したおいしさ」と「新しいおいしさ」をお届けします。

◎UCCイノベーションセンター(兵庫県神戸市中央区港島中町7-7-7)

PAGETOP