UCC ひと粒と、世界に、愛を

コーヒーのお供にぴったり
「いちごナッツ & シトラスパフェ」

Dec 04.2021

コーヒーのお供に「スイーツは欠かせない!」という方も多いはず。 今回はこれひとつでお店の看板メニューにもなる豪華絢爛なメニューです。

パフェは起承転結があるスイーツ。味のしっかりとしたものから徐々に変化させ、最後はすっきりと終わらせます。素材を積む際は、素材同士をくっつけ過ぎずに空間を作ることがポイント。パフェを完食する際に「食べきった」と思われることはNGです。無理して食べたというイメージが残ってしまうと、おいしくても次の来店につながりませんよ!

材料(1人分)

<ストロベリージェラート(1人分)>
・ベルリーベ ジェラート イチゴミルク 冷凍 2L ………30ml
・トロピカルマリア イチゴカット 冷凍 500g……… 15g

<くるみの糖衣がけ(8人分)>
・水 ……20ml (A)
・グラニュー糖 ……… 27g (A)
・くるみ………………………… 20g

・白桃タルト ………………1カット
・みかんゼリー ……………… 10g
・ストロベリーゼリー ……… 10g
・キャラメルアーモンド ……… 1個
・ピスタチオクリーム ………… 10g
・メレンゲ菓子 ………………… 1個
・いちご………………………… 2個
・グレープフルーツ …………… 1房
・キウイ………………………… 適量
・ラズベリー …………………… 1個
・ライム……………………… 1/8個
・オレンジ・コンフィ (オレンジの砂糖漬け)……… 1枚
・アロエ………………………… 適量
・ナタデココ …………………… 適量
・飴玉(いちご味)……………… 1個
・ミント………………………… 適量
・セルフィーユ ………………… 適量
・フリーズドライストロベリー 適量

作り方
  • 1
    <ストロベリージェラートを作る①〜②>イチゴミルクジェラートにイチゴカットを混ぜる。
  • 2
    ジェラートを練り上げていき、しっとりしてきたら、冷凍庫に入れて保管しておく。
  • 3
    <くるみの糖衣がけを作る③〜④>(A)の材料をボウルの中に入れ、よく混ぜ、電子レンジで沸騰するまで熱する。
  • 4
    くるみを③にからめて130℃のオーブンで30分焼く。
  • 5
    <仕上げる⑤〜⑫>オレンジ・コンフィをグラスの側面に貼る。
  • 6
    ⑤にみかんゼリーを入れ、1房に切って凍らせておいたグレープフルーツをグラス内に立てる。
  • 7
    ⑥に一口大に切ったキウイ、ラズベリー、ナタデココ 、アロエ、ストロベリーゼリー、刻んだミントの葉を入れる。
  • 8
    白桃タルトを1人分のサイズに切り、⑦に乗せる。
  • 9
    ストロベリージェラートをアイスクリームディッシャーを使って、⑧に乗せる。
  • 10
    ピスタチオクリームを絞り器に入れ⑨に絞り出し、一口大に切ったいちご、ライム、くるみの糖衣がけ、キャラメルアーモンドを盛り付ける。
  • 11
    ⑩に溶かして成形した飴(作り方は【ワンポイントアドバイス!】参照)、メレンゲ菓子、セルフィーユを盛り付ける。
  • 12
    ⑪にフリーズドライストロベリーを削りかける。
  • 13
    完成!
  • 14
    【ワンポイントアドバイス!】鮮やかな飴細工は市販の飴玉を使用したもの。耐熱性のおかずカップに飴玉を入れ電子レンジで溶けるまで熱する。
  • 15
    それをおかずカップごと手で揉むと徐々に伸縮性のあるグミ状になるので、 伸ばしながら麺棒などに巻きつける。
  • 16
    冷めたら固まるので、外せば飴細工の完成!
おすすめ食材はコチラ

<ニチレイ>くだものみたいな みかんゼリー 冷凍 50 g

<素冷凍>フレック フリーカットケーキ白桃のタルト 冷凍 380 g ※一口サイズに切って使用する

<HOMER>クラッシュド ストロベリーゼリー 1L

プロ用食材が揃う通販『フーヅフリッジ』で購入できます
(取扱状況はサイトでご確認ください)
教えてくれた人

藤田統三シェフ

大阪府出身。大阪あべの辻製菓専門学校卒業 後、フランス菓子店とイタリア料理店の勤務を経て、イタリアで修業。イタリアから帰国 後の2005年に『ソル・ レヴァンテ』のシェフ パティシエに。現在はフリーとして活動し、講演などを行いつつ、 新店舗のオープンに向けて準備中。

この記事を読んだ方へ
UCCのオフィシャルサイトでは、この他にもコーヒーにまつわるさまざまなコンテンツがお読み頂けます。
ぜひこちらもチェックしてみてください 。
PAGETOP