UCC ひと粒と、世界に、愛を

紅茶のジュレの香りで
甘夏みかんの酸味がより上品に
「甘夏と紅茶のジュレ」

Dec 03.2021

そのまま調理するだけでも本格的でおいしい業務用食材を使って、乃木坂にあるフレンチレストラン『FEU』の松本浩之シェフに教えていただいた、甘夏の酸味がポイントのワンランク上のデザートです。

材料(1人分)

・グリーンフィールド 甘夏みかん2号缶………120g
・グレナデンシロップ………100ml
・バニラアイス………適量
・フヌイユの花………適量
・オレンジのチュイル(ウエハースでも代用可)………1枚

〈紅茶のジュレ〉
・モダンタイムス レモン紅茶(缶)550g………250ml(出来上がりの量)
・グラニュー糖………30g
・生姜………15g
・粉ゼラチン………3g

作り方
  • 1
    紅茶を作りグラニュー糖とすりおろした生姜を入れ、粉ゼラチンで固め〈紅茶のジュレ〉を作る。
  • 2
    甘夏みかん半量をグレナデンシロップでマリネする。
    POINT!
    甘夏みかんをグレナデンシロップでマリネする際は、より色を浸透させるため一晩漬け込む。
  • 3
    お皿に残りの甘夏みかんと①を交互に盛り付け、周りに〈紅茶のジュレ〉とフヌイユの花をのせる。
  • 4
    中心にバニラアイスをのせ、その上にオレンジのチュイルを飾る。
使用した食材はコチラ

<モダンタイムス>レモン紅茶(粉末タイプ)

<グリーンフィールド>甘夏みかん

プロ用食材が揃う通販『フーヅフリッジ』で購入できます
(取扱状況はサイトでご確認ください)
教えてくれた人

松本浩之シェフ

1969年山形県生まれ。フランスの三つ星レストラン『ラ・コート・ドール』、 二つ星レストラン『ホテルアルベール 1er』などにて6年間修業の後、2006 年よりFEUの料理長を務める。フランス料理の本質を踏まえつつ、より軽やかにモダンに仕上げ、人々に感動や幸福を与える料理を志している。

Restaurant FEU
1980年のオープン以来、時代のニーズを敏感に取り入れ、時流に合ったフランス料理を提供している。2012年から現在まで『ミシュランガイド東京』で一つ星を獲得し続けている。
住:東京都港区南青山1-26-16
電:03-3479-0230
営:11:30~14:00LO、18:00~23:00(21:30LO)
休:日、第3月曜 
禁煙(バースペースは可)

この記事を読んだ方へ
UCCのオフィシャルサイトでは、この他にもコーヒーにまつわるさまざまなコンテンツがお読み頂けます。
ぜひこちらもチェックしてみてください 。
PAGETOP