UCC ひと粒と、世界に、愛を

コナコーヒーのルーツを巡る

コナコーヒーの普及には日系移民が大きな役割を果たしていた。 その功績を現在に伝える地を訪ねてみた。

<ハワイ>
Kona Coffee Living History Farm/コナ・コーヒー・リビング・ヒストリー・ファーム
日系移民の住居が歴史を語る

今も当時の面影が残る住居は1925年に熊本から移住してきた内田家のもの。1994年まで実際に住居として使用されており、現在は資料館として公開中。山の斜面でも使えるよう改良した足場など実際に使用されていた道具などがある。今も農園があり、コーヒーも販売。日本語が話せるガイドもおり、解説を聞ける。

住:82-6199 Mamalahoa Highway Captain Cook, HI
電:+1-808-323-3222
営: 10:00 ~ 14:00(最終入園 13:00)
休: 土・日曜
料金:$15

 

<日本>
日本ハワイ移民資料館/Museum of Japanese Emigration to Hawaii
日本初のハワイ移民資料館

1999年2月に日本で初めてのハワイ移民資料館として開館。官約移民時代に山口県周防大島からは約3,900名がハワイへ移住し、その割合は全体の13%にもなる。そのためハワイとの縁が深く、ここに資料館が開館するに至った。ハワイ移民者の歴史、郷土の文化・経済発展に貢献した事績などが展示されている。

住:山口県大島郡周防大島町大字西屋代2144
電:0820- 74-4082
営: 9:30 ~16:30
休:月曜(月曜が祝日の場合 は翌日)、12/29 ~1/3
料金:大人¥400、小人¥200

 

\資料館に行った後はココに立ち寄ろう!/

COFFEE コナ
日本でも楽しめるコナの味

山口県周防大島で創業から46年にわたりコーヒーにこだわり、島内外から客が訪れる人気の喫茶店。コーヒーはサイフォンで抽出し、コナコーヒーをベースにしたオリジナルブレンド「アロハオオシマ」(¥550/ 杯)が人気。日本ハワイ移民資料館の管理人がオーナーを務め、夫人の川野智子さんの祖父はハワイ移民。

住:山口県大島郡周防大島町大字小松 1107
電:0820-74-3014
営:8:00 ~ 18:00
休:水・木曜

1 2
PAGETOP