UCC ひと粒と、世界に、愛を

Powerful HAWAII

火山が生んだ希少な豆。
コナコーヒーとは?

世界三大コーヒーのひとつとして知られるコナコーヒー。生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下で希少性も高い。 ハワイ島の豊かな自然環境が高品質でパワーあふれる豆を育み、至高の味へと昇華させ、多くの人を引きつける。
Dec 04.2021
火山が生んだ希少な豆。
コナコーヒーの魅力

スペシャルティコーヒーブームのなかで注目を浴びるハワイ島のコナコーヒー。
すっきりとした甘味と程よい酸味が特徴で、
砂糖を焦がしたような甘い香りに、ファンが多いのもうなずける。

火山から生まれたハワイ諸島だが、なかでもコナ地区は火山の影響を受けた肥沃な土壌で、
コーヒーの木に必要な栄養素を多く含む。
さらに昼夜の寒暖差があり、程よい降水量や日照時間、
そして山から降りてくる風もあり、おいしいコーヒーを育む理想的な環境なのだ。

コナコーヒーの花の開花時期は1月上旬~5月下旬、見頃はたったの1~2日間。そのため「幻の花」とも呼ばれている。
コーヒーチェリーの収穫期は8月~翌年2月頃。手間を惜しまずにハンドピックで収穫するため、豆の熟度が均一で品質が高い。

そのような環境で育つコナコーヒーは、どのような特徴があるのか。
主なコナコーヒーの品種である「アラビカ種ティピカ」は、
アラビカ種のなかで最も原種に近い品種といわれ、
特にハワイ島で育ったものは青みがかった緑色の大粒の豆で、優れた香りと酸味を持つ。
コナのコーヒー農園ならではの光景も見逃せない。
コーヒーは白い可憐な花をつけ、一斉に開花すると雪が一面積もったような美しい景色が広がる。
常夏の島ハワイで雪景色のような光景が見られるということもあり、
「コナスノー」という愛称で親しまれている。
聖地マウナケアやマウナロアからの風を受けてそよぐ純白の花々。
その神秘的な美しさに、
きっと神聖な何かがコーヒー豆にも宿っているのではと思わずにはいられない。

「カップから農園まで」の源流を辿る

ハワイ島コナ地区に「UCC ハワイコナコーヒー直営農園」がある。 開設されたのは1989年。フアラライ山の裾野、標高460m付近に位置し、総面積約14ha(東京ドームの面積の約3倍)の中に約1万5000本のコーヒーの木を栽培する。

徹底した管理のもと育てられたコーヒーチェリーは、熟練したスタッフの手により、最も適した熟度の実のみをハンドピック。その日のうちに精製され、しっかり天日干しされた後は脱穀、園内にある焙煎機で豆のうま味を最大限生かす炒り具合でローストされる。

最高の一杯の品質を実現するために、農園までさかのぼって取り組んでいく姿勢を実現した「UCC ハワイコナコーヒー直営農園」では、「見学ツアー」や「焙煎体験ツアー」も実施。自分だけのオリジナルコーヒーづくりを通して、コーヒーをより身近に感じることができる。こだわりが詰まったコーヒーやアイスクリームを、青い海を眺めながら楽しめるのは、直営農園最大の魅力であり、ここでしか体験することのできない醍醐味でもある。

UCC ハワイコナコーヒー直営農園
UCC Hawaii Kona Coffee Estate
ADDRESS:75-5568 Mamalahoa Highway Holualoa, HI
URL: https://www.ucc.co.jp/company/estate/hawaii_01.html
「コナコーヒー入り のアイスクリーム」($3)は独自レシピで 製造。
現地で販売するコーヒーは農園内にある焙煎機でロースト。
「焙煎体験ツアー」では、写真入りのオリジナルパッケージの作成も。
日本未発売の「ハワイコナブレンド缶コーヒー」(1本 $1.62)はミルク入り。
(左)「エステート・グロウン(直営農 園産)100%コナコーヒー 8oz」($22)、 (右)「アイランド・セレクト 100%コナ コーヒー アイスコーヒー用ダークロー スト7oz」($20)。
PAGETOP