UCC ひと粒と、世界に、愛を

コーヒーとアイスクリームの
おいしい関係。

Dec 02.2021

最近話題の「フードペアリング」。よく耳にする単語ですが詳しいことはわからないという人も多いのでは? 難しいと思う前に少し要領を得てみれば、簡単においしい組み合わせを楽しめます。

 

フードペアリングは同性質のものを揃えるのが基本!

コーヒーに合わせるフードペアリングとして、ひんやり甘いアイスクリームはいかがでしょう。表参道にある人気パティスリー『GLACIEL』の江森宏之シェフに、コーヒーにピッタリのアイスを提案してもらいました。

季節限定の「バシュラングラッセマンゴーパッション」(写真手前)に合わせるのは酸味の強いブラックコーヒー(写真左)。マンゴーの甘酸っぱさとうまく調和します。生グラス3 種盛り[(右から時計回りに)ピスターシュ、ジャージーミルク、フレーズヴァニーユ](写真右)はミルク系のカフェラテと合わせることで濃厚さが増し、お互いにより深みを与えてくれます。

酸味の強いコーヒーには、明るい酸味のある強いシトラス系のスイーツを、甘味の深いコーヒーには、どっしりとした甘味の濃いフルーツ系のスイーツを合わせるなど、方向性が一緒のものを合わせるのが基本。想像していた以上に簡単そうなフードペアリング。一度試してみれば、コーヒーとスイーツの新たな関係に気づけるかも。

 

教えてくれた人

江森宏之シェフ

Pâtisserie FRESSON(パティスリー フレッソン)で2年間の修業後、『ベルグの4月』にてシェフパティシエを5年間務める。現在は、『GLACIEL』シェフグラシエとして活躍中。今年ミラノで行われるお菓子とジェラートのワールドカップに日本チームキャプテンとして出場。

PAGETOP