UCC ひと粒と、世界に、愛を

秋を味わう
「栗と洋梨のショートケーキ」

Dec 03.2021

お客様にとって食事のあとは、おいしいデザートも楽しみのひとつ。日本を代表するパティシエ・菊地賢一シェフが、秋の食材を使ったスイーツをご提案。

材料(1人分)

<ショートケーキ>
・スポンジ ………… 1枚
・グラニュー糖 ……… 100g
・生クリーム(乳脂肪分38~40%) ………400ml
・キャラメルシロップ ………適量
・洋梨 ……… 半割り3個
・渋皮栗 ……… 2個
・ミントの葉 ……… 1枚
・季節のフルーツ ………適量
・ナッツ ……… 30g
・ベルリーベ アイスクリーム 濃厚リッチバニラ 2L ………… 50ml

<洋梨型のクッキー>
・(B)バター ……… 45g
・(B)塩 ……… 0.5g
・(B)グラニュー糖 ……… 68g
・(B)卵白 ………… 85g
・(B)ロイヤルシェフ 薄力小麦粉 1kg……… 52g
・ココア ………適量

作り方
  • 1
    〈ショートケーキを作る①〜⑦〉。厚さ1cmのスポンジを2.5×8cmにカットする。
  • 2
    グラニュー糖とホイップした生クリーム(370ml)を混ぜ合わせて、キャラメルシロップを加えてキャラメルクリームを作る。①にのせ、まんべんなく伸ばす。
  • 3
    洋梨と栗を1cm 大に細かくざく切りにし、②の上に適量のせる。
  • 4
    ③が見えなくなるまでキャラメルクリームを重ね、①と同じ規格のスポンジをのせる。
  • 5
    ④の上にホイップした生クリーム(30ml)を薄く伸ばし、その上にキャラメルシロップを塗る。
  • 6
    洋梨や栗、ミントの葉、季節のフルーツなどで飾り付けをする。
  • 7
    砕いたナッツを敷き、その上にバニラアイスをのせる。
  • 8
    〈洋梨型のクッキーを作る⑧〜⑪〉。厚紙を洋梨型に切り抜き、型を作る。
  • 9
    (B)の材料をボウルに入れて混ぜて、クッキー生地を作る。
  • 10
    ⑨を⑧の型に流し、1mm 程度の厚さに薄く伸ばした後、ヘタの部分となる箇所にココアを適量垂らす。
  • 11
    ⑩を160℃のオーブンで10分焼く。
  • 12
    ⑪を⑥と⑦の上にのせて完成。
教えてくれた人

菊地賢一シェフ

恵比寿のフランス菓子専門店『パティスリー レザネフォール』のオーナーシェフ。『アルパジョン』『ヴォアラ』『季の葩』といった名店で棟田純一氏に師事したのち、『パークハイアット東京』を経て、フランスの『パークハイアット・パリ・ヴァンドーム』などで海外経験を積む。2006年ジャパンケーキショー東京の大型工芸菓子部門で連合会会長賞を受賞したほか、2008年にはフランスのガストロノミック・アルパジョン・コンクールで優勝するなど、輝かしい経歴をもつ、日本のトップパティシエ。

この記事を読んだ方へ
UCCのオフィシャルサイトでは、この他にもコーヒーにまつわるさまざまなコンテンツがお読み頂けます。
ぜひこちらもチェックしてみてください 。
PAGETOP