UCC ひと粒と、世界に、愛を

自然の恵みがいっぱい!
スーパーマーケットで見つけた
ジャマイカのティーカタログ。

Dec 13.2021

ジャマイカ人は健康に良いお茶に詳しく、体調に気を使っている人も多い。スーパーマーケットでも手に入る、日本ではあまりなじみのないハーバルティーをご紹介。

 

Bissy Tea/ビジーティー


Bissyは「奇跡の薬」とも称され、身体の毒素を取り除き、吐き気やむかつき、腹痛、頭痛、痛風などさまざまな症状の緩和が期待される。ストレートでも苦味が少なくマイルドな味わいだが、ジャマイカではコーヒーのようにミルクを加えて飲む人も。毎日飲み続けるお茶ではなく、毒素を感じたときに飲用される効果の強いお茶。

 

Noni Ginger Tea/ノニジンジャーティー


ノニは、熱帯地方の、たくましい生命力のある植物で、約150種類以上もの栄養含有成分があり、健康のバランスを保ってくれる。ジャマイカの強い日射しのもとで強く育った茶葉の味わいは、ほうじ茶のように飲みやすく、ノンカフェイン。ジンジャーとの組み合わせも人気。

 

Detox Tea/デトックスティー


カフェインレスのナチュラルハーバルティー。ジャマイカではブッシュティーとして薬代わりに重宝されている自然の恵みを使ったお茶としてポピュラー。胃腸内の不必要なものを排除し、尿の分泌を促し、便を出やすくする。食生活が乱れて便秘気味のときなどに重宝される。

 

Lemon Grass Tea/レモングラスティー


レモングラスの葉は風邪の予防や腹痛、下痢の緩和にも効果的といわれている。また、胃の働きを助け消化を促進し、脂肪の分解を促す作用も。食べ過ぎて胃もたれしたときや胸やけのするときなどにおすすめ。FEVER GRASS TEAとしても売られている。

 

Moringa Tea/モリンガティー


奇跡の木と呼ばれ、注目を浴びているモリンガはビタミンやミネラル、アミノ酸、ポリフェノールなど栄養成分を豊富に含んでおり、栄養素の数は約90種類にのぼるといわれている。 強いクセはなく、日本人にも好まれやすく、後味は香ばしいコーン茶のような味わい。

Sorrel Tea/ソレルティー


赤い花と実をつけるソレルは、ハイビスカスの一種。西アフリカから持ち込まれ、カリブ諸国などの熱帯地方に分布されている。ビタミンCを豊富に含み、肝臓を守り、代謝促進、抗酸化にもよいとされる。また、ジャマイカではクリスマスに欠かせない飲み物として、蜂蜜で甘く、しょうがでピリッとアレンジして好まれている。

 

Turmeric Tea/ターメリックティー


ターメリックにはクルクミンという成分が含まれ、強い抗酸化作用、抗炎症作用がある。これらの作用にはシワやシミ予防となるアンチエイジング効果・消化不良の改善・肝機能の改善が期待されるため、美容・健康に効果的といわれている。

 

Cerasee Tea/セラシーティー


いわゆるゴーヤ茶。ジャマイカではハーブを使った薬が一般の家庭でもたくさん使われているが、良薬は口に苦しのごとく、ゴーヤのつるの部分をお茶として加工し、飲まれている。大腸炎や肝臓関係の症状の緩和、解熱効果があるといわれ、またお肌の調子を整えるために飲まれることも多い。

 

PAGETOP