UCC ひと粒と、世界に、愛を

【コーヒーの基本(特別編)】
Q. コーヒーはなぜ焙煎するの?

Dec 07.2021

A.  コーヒー独自の味わい、風味を生み出すためです。

焙煎は13世紀の終わりごろイスラム教徒によって始められたとされている。焙煎の始まった経緯については山火事による偶然の副産物など諸説あるが、最近の研究では当時イスラムの秘薬として大切に囲い込まれていたコーヒーの種が、万一外部に流出したときにも発芽しないよう意図的に加熱したことが焙煎の始まりだとする考え方が有力になっている。いずれにしても人々は生豆を焙煎して化学変化を起こさせ、酸味、苦味、甘味などの独特の風味を引き出して飲み物として楽しむようになったのである。焙煎はコーヒーの味わいを決定する重要な要素なので、先人はいろいろな道具や焙煎機を考案し、その技術を向上させてきた。

焙煎の仕組みが見られるシースルーの焙煎機。
13世紀末に“焙煎”が生まれてから、さまざまな焙煎機が世界各国で誕生した。

 

この記事を読んだ方へ
UCCのオフィシャルサイトでは、この他にもコーヒーにまつわるさまざまなコンテンツがお読み頂けます。
ぜひこちらもチェックしてみてください 。
PAGETOP