UCC ひと粒と、世界に、愛を

訪れる前に知っておきたい !
台湾の基礎知識。

Dec 05.2021

旅行で日本から台湾にいく人は年間約160万人を超える。いくら距離が近くてもそこはやはり海外。旅立つ前にまずは基本的なことを押さえておこう。

データ
主要都市 台北市、高雄市
人口 約2,352万人(2016年8月)
面積 約3.6万km2
通貨 台湾元(NT$)〈1NT$=¥3.21/2016年9月21日現在〉
言語 中国語、台湾語、客家語など
宗教 仏教、道教、キリスト教など

気候
日本との距離は近い。沖縄、与那国島との間はわずか約111kmで、総面積は日本の九州ほど。中央部に走る北回帰線を挟んで、北は亜熱帯、 南は熱帯に分かれる。夏場にはスコールが頻繁に降るため、折り畳み傘は必携だ。さらに持ちたいのがストールなどの冷房対策グッズ。台湾のエアコンには、その気候と合理的な台湾人思考から暖房機能が ない。交通機関は通気と称して年中、冷房がかかっている。5月に台北のバスで車内温度「20.8°C」という数字を見たという目撃情報もあるほど。 十分な備えで快適な旅にしたい。

交通
台北市内は MRT と呼ばれる市内鉄道が走る。観光スポッ トは MRT とタクシー利用で問題なく回ることができる。 MRT の各駅には日本と同じく IC カード対応の自動改札機が整 備されており、旅行者向けに期間限定パスもある。なお、台湾 での南北移動は、2007年に開業した台湾高速鉄道(高鉄)が便 利。北部の台北〜南部の高雄までは約350km だが約1時間半 ~2時間で到着するので、短い滞在でも各都市を楽しめる。ち なみに、日本から日本語でオンライン予約できるので、事前に 予約を済ませておけば安心だ。

インフラ
まず気になるのは Wi-Fi などのネット環境だ。台湾では、 空港や駅などは無料 Wi-Fiが提供されており、日本より 簡便な手続きで利用可能。穴場はカフェ。たいてい無料で、お 店のどこかにパスワードが書かれている。また、旅行中に気を つけたいのは、トイレ。便器の横のゴミ箱を見ればわかるが、 台湾には使用済みのトイレットペーパーを便器に流せないトイ レがある。壁にも「衛生用品請勿丟入馬桶內」(トイレットペー パーなどを便器に流さないでください)などと書かれてあるの で、利用の際は気をつけて!

PAGETOP