UCC ひと粒と、世界に、愛を

UCCが追い求める理想の焙煎技術

UCCは常に、コーヒーの新しい価値を生み出す技術革新と、ワンランク上の安全・安心、そしておいしさを追求した高品質なコーヒーの製造にチャレンジしてきました。長年コーヒー一筋に追い求めてきた理想のコーヒーを実現するため、焙煎技術にもこだわっています。その代表的な独自焙煎技術が「単品焙煎」と「アロマフリージング製法」です。それに加えてこれまで培ってきた専門知識と技術を結集して、既存にはない新しい焙煎技術の研究開発に取り組んできた結果、スチームと熱風で焙煎する「スチームロースト」(特許出願中)と、独自の「プロファイルコントロールシステム」を開発し、その技術を搭載した独自焙煎機『AROMASTER(アロマスター)』をレギュラーコーヒーの主力工場「UCC六甲アイランド工場」に導入しました。

・アロマフリージング製法
炒りたての熱い状態のコーヒー豆を、-2℃の冷気で急冷却。こうすることで、炒ってふっくらと膨らんだ豆の中にたっぷりと含まれる香気成分を、逃がさず封じ込めることができます。

・単品焙煎
UCC では、産地・銘柄ごとに、最適な焙煎条件でそれぞれのコーヒー豆を焙煎してからブレンドしています。そうすることで、それぞれのコーヒー豆の特長を最大限に引き出せます。

 

\香気量が約2倍!/
UCCアロマスター誕生

最新技術!「 スチームロースト」について

焙煎によりコーヒー豆の表面は乾燥し、硬化します。すると内部は高圧・高温となり過度に熱せられることがあります。過剰加熱になると、余分な苦味や渋味が発生すると考えられています。この問題を解決すべく、UCC は新技術「スチームロースト」を開発。これにより、豆の表面の乾燥を抑え、より均一な焙煎を行うことが可能となりました。熱風の温度をコントロールするプロファイルコントロールシステム、アロマフリージング製法などの以前からの技術と組み合わせることで、既存の一般的な熱風焙煎機と比べて約2倍の香気量を実現したUCC の独自焙煎機が「UCC アロマスター」です。

焙煎経路に加湿装置を設置することで、「スチーム+熱風」を作り出す。豆の表面の乾燥・硬化を抑え、豆がふっくらと膨らむ。

焙煎豆の断面を見ると、スチームローストにより焙煎された豆は、一般的な焙煎と比べ、外も中もムラなく均一に焙煎され、その結果、よりクリアな味わいを実現しています。

一般的な熱風焙煎
アロマスター焙煎
UCCの独自焙煎機「AROMASTER」
1 2
PAGETOP