UCC ひと粒と、世界に、愛を

ジャマイカきってのリゾート地
「モンテゴベイ」と
ブルーマウンテンのお膝元
「キングストン」で評判のレストラン。

Dec 13.2021

カリブ海の新鮮な魚やスパイスたっぷりの肉料理。アフリカを起源にもつ陽気な人々によって受け継がれてきた、大自然に抱かれた小さな島国の食文化を求め、ジャマイカきってのリゾート地「モンテゴベイ」と、ブルーマウンテンのお膝元「キングストン」を訪れた。

 

The Pelican Grill Montego Bay/ザ・ペリカン・グリル・モンテゴベイ
ジャマイカのセレブも足繁く通うモンテゴベイで大人気の老舗レストラン。

歴史を感じさせる落ち着いた雰囲気の、コロニアルスタイルのインテリア。アーチを描くゆったりとしたソファ席が人気。

秘伝のレシピを受け継ぎ、揺るぎない食材へのこだわり。

ジャマイカ北西部、美しいビーチが点在するリゾート地、モンテゴベイ。『The Pelican Grill Montego Bay(ザ・ペリカン・グリル・モンテゴベイ)』は、ツーリストの聖地、ジミー・クリフ・アベニューで1964年創業。アーティストや政治家など、ジャマイカのセレブがモンテゴベイに来ると必ず立ち寄るという、老舗のレストランだ。

中庭には滝が流れ、爽やかなトロピカルムードが漂い、リラックスしながらお食事ができる。

建物の目の前は、ジャマイカ随一といわれる透明度の高いカリブ海が広がる絶好のロケーション。青い空に映える、オレンジの壁とグリーンのサンシェードが印象的だ。店内は明るく、ブラウンを基調としたコロニアル風のインテリアで居心地がよく、落ち着いた雰囲気。「メニューはどれもが一貫して、家族伝来のレシピが受け継がれたものです。シーフードと伝統的なジャマイカ料理をお楽しみいただけます」と、オーナーのエリザベス氏。「お客さんからは常に良いフィードバックをもらっており、みんなに喜ばれているレストランです」というシェフのビンズ氏のこだわりは、ジャマイカ産の食材とホームメイド。鶏肉はグレードAのジャマイカの精肉会社「ベストドレスチキン」から仕入れ、シーフードは、もちろんカリブ海で獲れたもの。野菜も地元産のフレッシュなものを厳選している。また、ジャマイカを代表する調味料「ジャークソース」をはじめ、デザートに欠かせないアイスクリームまでもがすべて手作りなのだそう。

「モンテゴベイにお越しの際はぜひお立ち寄りください!」とオーナーのエリザベスさん(右)と、老舗の味を守るシェフのビンズさん(左)。

60年以上のオリジナリティを大切にしている老舗でありながら、フレンドリーなスタッフによるアットホームで良心的なサービス。それが、古くからの地元の人々や世界各国からのツーリストを満足させて、リピーターを増やし続けている理由なのだ。

開店当時から受け継がれているオリジナルという、秘伝のジャークソースに漬け込んだ鶏の胸肉の「ジャークチキン」(US$14.40)。チキンの中にもスパイスがぎっしり詰まっており、しっかりとした味付け。
ラム酒に漬け込んだブレッドプディングに、ラムカスタード味のメレンゲをトッピングしたスイーツ「ラム・プディング」(US$7.70)。ラム酒の風味が良いアクセントになっている。コクと深みのあるジャマイカンコーヒーとともに。

 

インフォメーション
<店舗情報>

The Pelican Grill Montego Bay
ザ・ペリカン・グリル・モンテゴベイ
住:Gloucester Ave, Montego Bay, Jamaica
電:876-952-3171
URL:https://www.facebook.com/ThePelicanGrillMobay/

<店舗情報>

Margaritaville Montego Bay
マルガリータビル・モンテゴベイ
住:Gloucester Ave, Montego Bay, Jamaica
電:876-952-4777
URL:https://www.margaritavillecaribbean.com/montego-bay/

PAGETOP